開業事例

法人新規事業開業モデル(エコチャリ豊橋駅前大通店)

地域密着と総合リサイクルの経験から加盟~藤下副社長~
エコチャリ豊橋駅前大通店

●エコチャリに加盟され、何か変化はありましたか?
エコチャリを始めてから、周りの反応がさらに好意的になりました。
エコチャリビジネスに対して、商材として需要の高いリサイクル自転車を扱い、且つ放置自転車問題に取り組む事が社会貢献でもあり、非常に良いビジネスを考えたねと各方面から言われます。
今は銀行も融資が厳しい時代ですが、エコチャリについては社会と地域貢献や事業の安定性により、銀行からの評価も非常に高く、実際銀行でもお客様にエコチャリを薦めてくれています。



●店舗の状況はいかがですかか
今回の出店は実験店として、自社管理物件で開業させて頂きました。あまり賑やかな商店街ではありませんが周りの店舗様からは、エコチャリさんが出来て助かるわ~とか、お客様がよく来てるね~とかおっしゃって頂けます。

●お客様はどうような方が多いですか
非常に幅広い層の方にご来店頂いています。特に最近では子供車が売れておりファミリー層の支持も高くなっています。
又、エコチャリは遠方からのお客様が本当に多いです。
豊橋から約10~15km離れた豊川市や田原市、蒲郡市からインターネットで調べて来られたお客様もいらっしゃいました。
エコチャリはリサイクルやレンタルという他店にない独自性が評価されている証拠です。
最近では、エコチャリの取組みや志に賛同して頂いた学生の方が、遠方から歩いてエコチャリに来てくれます。
歩いている途中には自転車店が多くあるにも関わらずエコチャリを選んで頂けるのが嬉しい限りです。

●地域の反響はいかがですか
オープン後は中部経済新聞やFMラジオ、ケーブルTVと非常にマスメディアの取材が多かったです。
特にエコチャリを通じて弊社の社会貢献、地域貢献性を広めて頂き、企業イメージもアップしています。

●リサイクル自転車の仕入についてはいかがですか
お陰さまで、エコチャリの手法や放置自転車回収ツールを使うことで、豊橋技術科学大学や大手不動産会社様との取引がスムーズに決まり、驚いています。
エコチャリの放置自転車への取り組みや回収方法が評価された反面、放置自転車が社会的に問題視されていることを改めて体感しました。

●実際に店舗を開業してビジネスとしての実感はいかがですか
エコチャリに加盟して数ヶ月ですが、今までお話したように各方面から注目され、評価されていると実感しておりますので、エコチャリビジネスに対する強い手ごたえを感じております。
エコチャリはビジネス的にローリスク、ローリターンではありますが、運営コストもあまりかからないことから安定し今の時代にマッチしています。
早く多店舗展開を進めたいと考え計画中です。

●ダイホー電気様は他にもFCビジネスを展開していますが影響はありますか
弊社では大型家電量販店や大型総合リサイクルショップも運営していますが他店スタッフのエコチャリに対する反応が想像以上に大きいですね。
次のエコチャリ出店の時は勤務させて欲しいとの声も多くスタッフの向上心にも繋がっています。
弊社では人材は宝、人を大切にという方針がありますので、そのような意味でも(スタッフの士気を上げている)エコチャリの役割は大きいといえます。

●今後のエコチャリの取り組みについては
エコチャリビジネスにはそのビジネスモデル・社会貢献性が高いことで大きな可能性があると感じております。
今後は社会問題になっている障害者雇用や高齢者雇用などの雇用問題にも取り組んでいきたいと考えています。
また、わざわざ遠くから来られるお客様もいらっしゃったことから、ドミナント出店にて地域に密着した店舗展開を考えております。


※本インタビューは2011年5月に実施。同社は2011年11月に「エコチャリ 浜松静大前店」をオープンいたしました

エコチャリ豊橋駅前大通店の詳細